Top > ノートパソコン選びに考えないといけないコト > メモリーとは(メインメモリー、メモリ)

メモリーとは(メインメモリー、メモリ)

これはCPUを快適に操作する為の一時的に記憶しておく記憶装置です。
簡単に言えばCPUが作業している場所を提供する装置です。
これは現在は1GB単位で選択できます。
これは量が多ければ多いほど快適に作業できます。
メモリの説明をノートパソコン選びcomが紹介
左の画像はメモリの作業環境を調べるプログラムなのですが、
PC部長のノートパソコンは現在では少ない1GBしか搭載されていないんです。

そこで写真編集中のメモリの使用率を調べると、ゲージの上がCPUの使用率で下がメモリの使用容量ですが、
ほぼ限界です。
これはもう机にいっぱいいっぱい広げて作業しているので、他に作業余地が無いということです。

現在のノートパソコンはほぼ2GBほどの搭載が標準仕様が大半ですが、快適に過ごしたいのならさらに搭載することがオススメです。 
実はここからがメモリの本題と落とし穴の話ですが、あくまで入門ページなので、ここまでしか記載しません。