トップページ > お役立ち情報 >  ノートパソコンの相場とは!?

ノートパソコンの相場とは!?

ノートパソコンの現在の相場といったものを紹介したいと思います。
これは管理人が独自にノートパソコンメーカーからの情報を元に全機種調べ平均を取ってみました。

相場は日々変動していますので、現在の相場を割り出してみたいと思います。
算出法は下記のパソコンメーカーの全シリーズのカスタマイズなしのラインナップの中から
CPU、メモリ、HDD(SSD)、重量、サイズ、バッテリー駆動時間、そして価格の平均を出し、
おおよその相場を計算したものです。

ノートパソコンの相場とは??

株や為替などの相場は日によって変わりますが、ノートパソコンの相場というのは 大体2~4カ月を目処に変わっていきます。 これは新技術の開発や大量の小型化の製造が可能になったり、生産ペースがあがったりなど、 理由は様々です。 これは管理人の個人的に調べて判断しています。ですが、やはり個人的に調べているだけなので、 違いがあるかも知れませんが、おおよそといった考えで見てもらえればと思います。

このページのトップへ↑

相場とはどう決まる??

これはノートパソコンは各独立した役割のパーツの集合体というものです。
つまりパーツの各々の値段というコトです。

この場合、ノートパソコンのパーツの各々の相場を言うコトがベストなのでしょうけど、
初心者の場合は逆に分りにくいと思うので、ノートパソコンの各々の性能の組み合わせで紹介していきたいと思います。

まずノートパソコンというモノは


といった基準で判断する方がわかりやすいと思います。

例えば性能だけ重視し、CPUとメモリのみ重視してみると
ノートパソコン最上位のCorei 7-740QMプロセッサーの6GBメモリ内蔵で11万円台で購入可能です。
これは現状で最上位の性能で、どんな作業も素早く処理し、同時にたくさんの作業を難なくこなしてしまうほどです。

ここで疑問点としてならどういったところが20万円台のノートパソコンと違うの??
といった疑問が浮かんできます!(決めつけていますがPC部長ならアホだからこう考えます)

例えば、この性能で、重量が1Kg台でバッテリー駆動が8時間以上可能で、256GB以上のSSD内蔵と考えるとどうでしょうか??

この性能の場合、20万円以内の条件はありません。
つまり大げさに言うとCPUとメモリの性能が高い変わり、重くて消費電力が高いのでバッテリーもすぐ切れたりといった製品となるわけです。

下記にその法則を紹介します。

このページのトップへ↑

相反の法則とは??

相場と少し離れますが、性能が決まれば相場が出ますが、この点についての説明をしたいと思います 相反の法則というものがあります。 これは管理人が勝手に考えた法則なので通用しません(笑) 相反というのは例えば、性能を上げればあげるほど、 小型や軽量に対する価格が比例して上昇します。 このバランスを逆らえば逆らうほど、価格は上昇します。 逆にサイズが超軽量で、小型が欲しいと思うと、最安で2万円台ですが、 ここに内部性能を高めようとすれば価格は一気に上がります。 ここが注意点です。 一つの特徴を重視すれば必ず相反する点が生まれるということです。

このページのトップへ↑

相反の法則とは??

これはノートパソコンは各独立した役割のパーツの集合体というものです。
つまりパーツの各々の値段というコトです。

この場合、ノートパソコンのパーツの各々の相場を言うコトがベストなのでしょうけど、
初心者の場合は逆に分りにくいと思うので、ノートパソコンの各々の性能の組み合わせで紹介していきたいと思います。

まずノートパソコンというモノは


といった基準で判断する方がわかりやすいと思います。

例えば性能だけ重視し、CPUとメモリのみ重視してみると
ノートパソコン最上位のCorei 7-740QMプロセッサーの6GBメモリ内蔵で11万円台で購入可能です。
これは現状で最上位の性能で、どんな作業も素早く処理し、同時にたくさんの作業を難なくこなしてしまうほどです。

ここで疑問点としてならどういったところが20万円台のノートパソコンと違うの??
といった疑問が浮かんできます!(決めつけていますがPC部長ならアホだからこう考えます)

例えば、この性能で、重量が1Kg台でバッテリー駆動が8時間以上可能で、256GB以上のSSD内蔵と考えるとどうでしょうか??

この性能の場合、20万円以内の条件はありません。
つまり大げさに言うとCPUとメモリの性能が高い変わり、重くて消費電力が高いのでバッテリーもすぐ切れたりといった製品となるわけです。

下記にその法則を紹介します。

このページのトップへ↑

価格帯による相場一覧表

最後に相場を確認して欲しいと思います。
この相場の出し方は管理人の毎回する方法をただ単に表にしただけなのですが、

参照メーカーのほぼ全てをみて判断していますが、相場は日々変わりますのでちょくちょく
更新していきます。
現在情報を更新しています。

このページのトップへ↑